MENU

性病で彼氏に浮気を疑われている女子がすべきことは?

2019 12/22
性病で彼氏に浮気を疑われている女子がすべきことは?

性病が発覚して、恋人とケンカした!

なんて悩んでいませんか?

どうも、openchat「恋愛相談コミュニティISANA」管理人のイサナです。

現在500人の方が出入りしている恋愛相談部屋にはいろいろなご相談があります。

デリケートな問題なので友達に相談もできない、彼氏・彼女と性病が原因でもめているという事例は実はあるあるなんです。

今回は、そんなお悩みにとても助かる助言をいただいたので、まとめました。

目次

性病発覚で浮気を疑われて喧嘩したときの解決法

先日ご相談がありました。

付き合い初めてすぐ彼が性病にかかり、その後私も検査結果出て陽性でした。
(絶対性行為でしか伝染らない病原菌。彼は1週間で発症)
原因ははっきりしません。。
でも、彼は私が付き合う前に誰かと関係持ったんじゃないかって
私何もないからその事を伝えたら
昔いろいろあり女性不信で、真実を言ってくれないと前に進めないって言われました。お別れするしかない と
私が真実を言ってほしいと言われています。。
でも私何もないのでこれ以上何も出てこないし。。
彼が納得してくれる解決策がありません。。
どのようにしたらその彼は納得してくれるのでしょうか?

無いことの証明はできませんよね。

でも、相手の疑念もなかなかぬぐえない。

結論から言うと、解決法は

彼氏・彼女と一緒に病院に行く

です。

性病はタオルからも感染することがある

丁度オプチャに専門ではないそうですが医療現場の方がいらっしゃってご助言をいただきました。

医学的な知識の話になって申し訳ないんですが‥
淋病やクラミジアって性行為で感染すると思われがちなんですが、
他人の使っていたタオルで感染したりすることもあります。
接触感染で感染するケースが増えているので、一概に性行為で感染するわけではないです。

なので〇〇さんが身体の関係をこれまでもってこなかったのであれば、何か別のルートで感染した可能性も高いと思います。

性感染症は、「セックスによりうつる」と認識しがちですが、全てをそう言い切ることはできません。

実際に、免疫力が落ちたりすることで発症するものもあるし、性行為以外の接触感染でうつることもあります。

一般の人が「絶対性交渉でしかうつらない」と思い込んでいる性病も少なくありません

性病=性交渉の意識が強い。

だから、なかなか信じてもらえない。

その時は、2人でお医者さんの声をききましょう。

性病で喧嘩しちゃうのはよくみるケース。
2人で病院にいって、担当の先生に性行為だけで感染するわけじゃないよって教えていただくのが
1番円満に解決している印象ですね。

もちろん、自分に身に覚えないことが前提です。

性病が解ったら二人で一緒に治療しなければ繰り返す可能性あり

性病は、性交渉で伝染るので、パートナーと同時に治療を行わないと意味がありません。

妊娠をしている可能性がある場合、病気を治さないと、子供に影響が出ることもあります。

心当たりがない場合は、性交渉以外でも伝染るらしいと言う話をしたうえで一緒に受診し、治療を始めましょう。

ふんわりした知識より病院の専門知識を信用し、早めの受診を

ここではオプチャで紹介してもらったサイトを貼っておきます。

淋菌は、身近に感染者がいる場合、感染者が使用したタオル類や浴室の床・浴槽の縁などからも感染する可能性があります。妊婦が感染すると、赤ちゃんが結膜炎(淋菌性)にかかることがありますので、きちんと治療しましょう。

性感染症 出典:新宿レディースクリニックより

新宿さくらクリニック←こちらもわかりやすくまとめられています。

浮気してしまった場合は

正直に謝りましょう。

許してくれるかはわかりません。

しかし、怪しいところがあって、性病になったら、点が線になり、恋人の立場からは疑いが確信に変わります。

疑われている場合、お医者さんに一緒に行っても、言い訳や逃げに聞こえ、疑念は深まります。

浮気してもバレない大義名分を得たと思って繰り返すと、バレた時には最初よりも大きな信用を失いかねないことになるのです。

事実がある場合、嘘の上塗りは逆効果

お医者さんに行って、一緒に話してもらうので信じてもらえるのは、身に覚えがなく、潔白を証明したい場合のみにしたほうが良いでしょう。

疑惑はできるだけ消して仲直りしてね!

日々、やってくる相談者様。

みんな、気持ちのすれ違い、温度差などで悩んでいます。

恋人や好きな人と一緒にいたいなら、疑惑は早めに解消しましょう。

デリケートな問題や、身体的な問題は、早めの対応をしないと悪化してしまう可能性もあります。

自分だけのことではないので、きちんと事実を把握し、解決していってくださいね。

記事の監修・管理

コメント

コメントする

目次
閉じる