MENU

中学生・高校生の好きな人に送るLINEの内容やネタ集【段階別】

2020 1/12
中学生・高校生の好きな人に送るLINEの内容やネタ集【段階別】

好きな人ができて、LINEの連絡先が手に入ったら、LINEしたい。

openchatで相談にのっている中で、中学生、高校生から

「好きな人になんてLINEしたらいいですか?」

という相談をよく受けるのでLINEで使えるネタや内容を集めました。

目次

LINEが続くのも大事だけど

ここではLINEが続くためのネタを紹介しますが、気を付けて欲しいのが、

関係がLINEのやり取りだけ

で、それメインになってしまうこと。

「緊張して実際付き合っても喋れなかった」

「LINEがめんどくさいと言われてしまった」

など、LINEに注力するあまり、うなくいかなかった相談も多いんです。

だからLINEはあくまでも仲良くなるきっかけ。

そして適度に仲良くなったら「通話」「デート」にコミットするのが正解です。

それを目標に、まずはLINEで相手を探る、通話してもいいくらい仲良くなることを目標としましょう。

好きな人に序盤に送るLINEの内容・ネタ集

中学生・高校生であれば、共通の話題を探し、なんでもネタにできます。

LINEのネタ1:共通の友達、先生の話

地元の友達やクラスの子、共通の授業の先生の話など。

〇〇が面白い!とかはいいですが、悪口は自分からは言わないようにしましょう。

LINEのネタ2:進路の話

好きな人が先輩や受験生なら、話も広がるはずです。

LINEのネタ3:部活の話

相手のオフの日や時間、大会の日なども知れる可能性があります。

LINEのネタ4:好きな漫画

もし本を集めているなら貸し借りの話をしたり、推しの話で盛り上がることもできます。

新刊でれば話も弾むし、映画化されれば映画にも誘いやすいですよね。

LINEのネタ5:好きな音楽やバンドの話

これも音源の貸し借りや、ライブに誘いやすいなどのメリットがあります。

LINEミュージックの音なんかもヒントになるかもしれません。

LINEのネタ6:好きなアニメ

おすすめのアニメを教えてもらったら見て、感想などを送っても会話が続くはず。

ポイントは否定しないこと。

LINEのネタ7:趣味や休日の過ごし方

相手の趣味やオフのことをきくことで、デートにどう誘いやすいかが見えてきます。

LINEネタ8:好きなブランドやファッションの話

プレゼントを贈る時などに覚えておくと便利です。

オシャレな相手だと、好きなおすすめのInstagramを教えてもらうなどもできるかもしれません。

LINEが続くようになってきたら

だんだん仲良くなってきたら、本人のこともきいていけるはず。

ここではちょっと仲良くなってきた人とするのにおすすめのネタをご紹介します。

これはLINEでもいいし、通話ができるなら通話でするのもおすすめ。

際どいLINEをして返信があるかやきもきするくらいなら、通話で相手の反応みながら話せるほうが気が楽です。

LINEのネタ1:好きな人のタイプ

どんな人が好きかきくことで、その好みに寄せることができます。

外見や、中身の好きなタイプを話し合ってみましょう。

LINEのネタ2:元カノ元彼の話

オーソドックスな恋ばなです。

きいておいて、相手に経験がなくても、からかったり、引いたりしないようにしましょう。

また、自分に付き合うなどの経験がない場合も、無駄にアピールしたりコンプレックスを抱える必要はありません。

誰にでもはじめてはあるし、それはむしろ大事にすべきことです。

LINEネタ3:将来の夢やなりたいもの

自分の好きなことや憧れている仕事の話ができると、それを応援する立ち位置が持てていい感じ。

自分も聞かれるかもしれないので、自分の将来も考えるきっかけにしてもいいかもしれません。

LINEネタ4:彼氏・彼女は欲しいか

自分の気持ちがバレてしまうかもしれませんが、大体この質問で脈ナシだったらわかります。

しかし、恥ずかしくて「今は考えてない」なんて返答があることもあるかもしれないので、

やはり通話やデートをして判断がいいでしょう。

LINEネタ5:好きな場所やお店

デートに誘うときに選んだ方がいい場所やお店など、傾向が解ります。

今度連れてって!などお願いしてもいいかも。

LINEを上手く続けるコツ

ここではLINEを続けるためのコツを紹介します。

●適度な質問をする

ずっと質問で来ると、LINEを終わらせたくないのはわかるけど、しんどくなります。

質問は時々にしましょう。

●相手が応えてくれたことに対して反応したり興味を示す

せっかく質問しても、その答えを流して次の質問をするのは会話が成り立っていません。

相手の答えに対してきちんと返して、できればその話を深めましょう。

●LINEのテンポは相手の負担にならないように最初に聞く

基本相手のLINEのペースに合わせるのがベストです。

でも、速さにはこだわらないのが良いでしょう。

LINEで相手の気持ちをはかるのは、ちょっと画面と恋愛をしているみたいで微妙ですよね。

気持ちも、憶測でしかなく、見えません。

だからこそ、早めにたまに通話できる関係に持ち込むのがベストなんです。

●LINEはデートや通話につなげる手段と思おう

LINE中心になると、返信だけで満たされたり、返信が来ないと不安になります。

つまり、恋愛が画面で完結してしまうのです。

それでは、何も始まりません。

LINEは相手を知るため、デートにつなげるための手段と思って使いましょう。

LINEをきっかけに恋愛を成就させてね!

今は好きな人と気軽に繋がれるLINE。

だからこそ、みんなが悩み、一喜一憂してしまうの無理はありません。

しかし、LINEはあくまでもツール。

上手く使って、恋愛を成就させてくださいね!

記事の監修・管理

コメント

コメントする

目次
閉じる