「元カレのことが忘れられない…私、元カレに依存していたのかも…」

そう思うことはありませんか?

□少し前まで楽しいことがあれば一番に連絡していた
□ケンカして、も仲直りまでのパターンが決まってたし、本当に別れるなんて思わなかった 
□音楽も、食べるものも、匂いも、場所も…何をしてても元カレを思い出してしまう
□元カレと比べてしまって次の恋へいけない


付き合いが長ければ長いほど、心がぽっかりと空いてしまいます。

「会いたい、受け入れてほしい、自分が変わるから…」 

そんな思いが頭をずっと回り続けます。
辛い。

別れた理由はなんだったのでしょうか。
苦しいからと、その気持ちのおもむくまま連絡しても元カレは受け入れてくれません。

もしあなたが復縁を望んでいたとしても、今のままでは同じことを繰り返すことになります。

元カレ依存をやめるためにすべきこと


「前を向きたい…でもなかなか元カレをふっきれない…」

そんなあなたに今回は、元カレ依存から脱するためにできることを集めました。

無理はせずに、できることからはじめていただけると幸いです。 


1.元カレに連絡しない


一番大事で一番、難しいのがこれです。

もし復縁を望むなら、「元カレが好き」「元カレに受け入れてほしい」と思う期間だけでも連絡しないことが大切です。

別れには、理由があります
別れた後に前と同じように連絡してもうまくいきません。

連絡したばっかりに元カノであるあなたをうっとおしく思ったり、ずっと俺のことを好きな女だと思われて復縁には逆効果です。 

私はよく俺のことをずっと好きな女だと思われて都合よい時だけ連絡され、振り回されていました。
イタイ…!

別れた後、あなたが連絡をよこさないほうが、相手は気になるはずです。

2.元カレはあなたがいなくても大丈夫ということを認める

「元カレは私がいないとだめ」 

と思っているあなた、元カレ依存型かもしれません。
 
私も以前、元彼は友人が少ない、私が作らないと食事に気を遣えなくなる、朝起きられない、精神的に弱いところがあって心配… と思って別れた後も連絡して、相談にのって、不毛に尽くしていました。

結果…私が背中をおした恋愛相談で新しい恋がうまくいき、私は必要なくなりました(泣)

あなたは、お母さんではありません。 
    
実際別れてみるとむこうは平気です。 
本当に、悲しいくらい。

もし、精神が不安定な場合に必要なのはあなたではなく、病院とちゃんとした治療です。 

「あなたは私がいないと…」
そういう思い込みで相手を縛ろうとすると、共倒れか、相手が逃げることがほとんどです。

共依存はお互いを苦しめます。 
お互い精神的に自立しないと、どれだけ願っても、復縁するのは困難です。

3.感情をためずに吐き出す

失恋後は、感情の起伏が激しく、自分でも自分の気持ちがよくわかっていません。

同時に、認めたくないこと、受け入れたくない事実が自分を襲ってきます。
思考を停止してしまえば楽ですが、それでは復縁はおろか、次の恋愛でも同じ失敗をしてしまいます。

では、どうすればいいのでしょうか。

適当なノートに今の気持ちを書きだしてください

あなた以外は読まないので、悔しい気持ちも、好きな気持ちも、ムカつくきもちも、こうしてほしかったという希望も全部書いてください。

イライラする理由をぼんやりした「好き」で終わらせていてはその状態から抜け出せません

心がざわついたら、ノートを開いてすっきりするまで書いてください。
その習慣をしばらく続けることで気持ちが落ち着いてきたり、冷静になることができます。

4.人に頼る

「私、友達少ない…」

元カレと生活が密であれば友人と疎遠になっていることもあります。
私も「友情は永遠、男は期間限定商品やから」と男を優先させることで女友達と疎遠になっていました。

でも、一番頼っていた元カレに失恋したのだから、頼る所は周りの人しかいません。
少し毒を吐かれても、迷惑がられても友人に頼ってみてください。

友人に話すのが難しければ、カウンターのあるバーやサークル、新しいコミュニティに行って「実は失恋したばっかりで」と言ってみましょう。
ワレモノ注意くらいにやさしく扱われます(泣笑)

身近な人に頼りづらい場合は、相談や、話をLINEやメール聞いてもらうサービスもあるので利用してみるのも手です。


もんもんとした気持ちを誰かに聞いてもらうことで、意外と落ち着きます。

5.依存していることを自覚する

「連絡したい、声がききたい、会いたい、触りたい、受け入れられたい、話がしたい… 」
 
相手が自分を受け入れてくれていた分、依存度は高いです。 

受け入れてくれる人がいると、「ダメな自分」も肯定してしまいます。 
もしかしたらそれは、あなた自身をダメにした原因かもしれません。 

私は付き合って関係が落ち着くと、安心して太ってしまっていました。
そして、フラれたら危機感を感じて痩せる…それを繰り返していました。

付き合う彼ありきではなく、自分を持たないと、自分に自信がない分、依存してしまいます。
自信がないと何度恋をしても苦しい思いをします。

6.依存した理由を考える

一緒にいる期間が長かったり、好きな気持ちが大きいほど依存してしまいがちです。

理由はそれだけでしょうか。

本当に「好き」だから、しんどいのでしょうか。 

□彼氏がいなくなった焦り 
□受け入れてくれる人へ甘えられなくなった悲しさ 
□否定されたような気持ちからの怒り 
□まだお金を返してもらっていない 
□結婚への期待感の裏切り


などが混ざっていませんか? 
「好き」以外の相手に対する思いを明確にすることで、依存していた理由が見えてきます。 



7.わかりやすい自信をつける

失恋直後は自信を失っています。
そんな状態のままでは、復縁も次の恋も平穏な毎日もやってきてくれません。

女性が自信をつけるのに手っ取り早いのが、容姿の改造です。

□痩せる
□ネイルをする
□まつエクする
□エステに行く
□ジムに行く
□ランニングを始める
メイクを研究して化粧を変える


容姿に一通り時間をかけたら、

□資格の取得
□仕事に打ち込む
□他の男性にモテてみる
□新しい趣味をはじめる

などが効果的です。

新しい習い事や趣味を始めるだけでも関わる人が変わります。
リフレッシュできるし自信もつくし、一石二鳥です。

8.自分の幸せは何かを考える

あなたの3年後の幸せは、どんなイメージですか?

□何歳までに結婚したい
□結婚式はするしない
□何歳までにこどもが欲しい
□どんな家庭を作りたい
□マンションを買いたい
□田舎に住みたい
□仕事で認められたい
□希望世帯年収
□同居・転勤の有無


冷静に考えたら、元カレとそのままいても、あなたの目指す幸せなイメージにたどり着けなかったかもしれません。

「好き」だけでは成り立たないこともあります。
また、好きだけで我慢して結婚してしまうと、結果的にあなたを苦しめることになるかもしれません。

9.行動範囲を変えてみる

元カレと行動範囲が同じだと、「会わないかな」という淡い期待を抱きながら外出することになります。

「なんで私が好きなお店に行かないようにしなきゃいけないの」

という釈然としない気持ちもあるとは思いますが、元彼依存をしている場合「偶然会う」ということを期待してしまうので、精神衛生上よくないです。

まだあなたの気持ちの整理がついてない場合、鉢合わせしても微妙な感じになります。

偶然会って、そのまま身体だけの関係でずるずるいってしまう原因になったりとよくないことが起きてしまいます。

それより、元彼とは行けなかったお店を開拓してみてはどうでしょうか。
あなたのテリトリーを広げることのほうが気分転換にも新しい出会いのきっかけにもなります。 

10.やりたかったことをやってみる

元カレがいることで我慢していたことはありませんか?

ファッション、メイク、趣味、旅行…

心の隙間は新しいことをしたり新しい出会いをするためにあると考えてください。
待っているだけでは元カレは戻ってきません。

「見返してやる!」スイッチを入れてください。

楽しそうにしているあなたを見ることで、別れたことを後悔したり、復縁を考えるようになるかもしれません。

好きなことをして自信をつけていくあなたは、元彼以外だけではなく、周りから魅力的にみえるようになります。

失恋依存をするための方法まとめ

いかがだったでしょうか。
最初は1つだけでもいいのでできることからはじめてください。

復縁を希望する場合も、とりあえず一旦心の整理をすることが必要です。
追うと男性は逃げたくなってしまいます。

辛い気持は簡単には整理できません。
すぐにあきらめたり、吹っ切れなくても大丈夫です。

でも、時間はあなたの味方です。
ゆっくりでもちゃんと前にすすむことができます。

最後に、あなたが迷った時のために言葉を贈ります。

誰も傷つかない恋はない
失恋には意味がある
人は変えられないが自分は変われる

ワラニモスガル気持ちで、是非実践してみてくださいね!

【関連記事】
元カレを見返す&ふっきるために今からできる100のこと