それは日に日に暑さが増してくる夏の始まりの1日だった。見知らぬ番号から電話かかってきた電話に、汗は引っ込み、私の世界は灰色になった。二股相手からの電話電話に出ると、気の強そうな女の声が耳に飛び込んできた。「カレと早く別れて」女は、そう言った。それからその女…
>>続きを読む