サテライト彼氏って、きいたことありませんか?

最近巷で流行っているちょっとカジュアルな彼氏のことです。

ま、簡単にいうと二軍ですね。
ただ、この二軍、バカにしてはいけません。

この「サテライト彼氏」がいることで、自信と心の余裕を持つことができて、本命とうまくいく確率を上げることができます。

そもそもサテライト彼氏とは?

サテライトとは、英語で「衛星」の意味を持ちます。

言葉にすると、中心は別にあり、それの従属的関係にあるものを指します。

これはまさに、セカンド、二軍の位置にいる男性陣を指すのにぴったりですね。

むしろちょっとおしゃれな感じすらします。

サテライト彼氏の定義

サテライト彼氏とは、セフレほど肉体関係重視でもない、男友達ほどさっぱりしていない、不倫ほど重くない……。

いろいろな言い方で表現されていますが、まさに衛星の様に、本命のサブとして機能する男性のことです。

本命の彼氏や夫で満たされている部分以外を補填するために存在します。

本命との身体の相性がいまいちなら、身体の充足を得るための、サテライト彼氏。
本命が仕事で忙しいなら、一緒に過ごしてくれるのがサテライト彼氏。
本命に愛を感じないなら、愛情を満たす役割をするのがサテライト彼氏。

もはや、なんでもありです。

定義も、使用者に優しい、友人関係以上、肉体関係ありまで幅広く定義されています。

要するに、自分を満たすための二軍男子をカジュアルに今っぽく、サテライト彼氏というのです。

サテライト彼氏はなぜ需要があるか

さて、なぜこのサテライト彼氏を嬉々として女性が歓迎するのでしょうか。 それは、てっとりばやく、空いた部分の穴をうめてくれるからです。 また、友達との会話の中で使っても、セフレや不倫よりグレーな分、非難されにくくなります。 要するに都合のいい言葉なんですよね。 また、自転車の補助輪のようなもので、本命と何かあってもサテライト彼氏がいることで、慰めてもらえたり、心のよりどころを失わずにすみます。 精神衛生上、とてもいい役割をしてくれるのです。

サテライト彼氏側のメリット

では、サテライト彼氏側にはメリットがあるのでしょうか。

あります。 ありまくります。

だって、今までセフレとか、不倫とか、汚らしいものを見る目で見られていた関係がすべて一気にカジュアルな呼び名になり、さらに、本命と別の二軍として、責任回避迄できるのです。

最高!

サテライト彼氏、最高です!

サテライト彼氏を持つメリット

もちろん、サテライト彼氏を持つメリットはあります。

だから需要があるのです。

言い方を変えただけなので、そのメリットは不倫や浮気、セフレで得られるもの全てあてはまります。

「ちょっと寂しくて」 「彼氏じゃものたりなくて」 「彼とは精神的に純粋な関係だから」 もうぜーんぶ、サテライト彼氏、サテ彼!

プラトニックも、アグレッシブな肉体関係も満たされるスタイリッシュな呼び名です。

定義が曖昧なことで、プラトニックを匂わせて、きわどい関係を楽しむことも可能。

サテライト彼氏が必要なのはだれ?

とっても便利な存在で、とっても便利な言葉、サテライト彼氏ですが、楽しむのは27歳ぐらいまでがおすすめです。

それまでは、恋愛で不安になったり、自信がもてなくて消極的になったり、失恋して立ち直るのに、誰かの支えが必要です。

そんな時こそ、

テッテレー!サテライト彼氏!!!

なのです。

二股でもない、セフレでもない、衛星として、恋が成就するのを見守るべき存在があってもいいと思います!!!

大いに活用しましょう!!!



…わかっています、本当にサテライト彼氏が必要なのは、アラサーからのちょっと潤いのほしい女性陣だってこと。

家庭じゃ満たされないトキメキや充足感を得るためにできた便利な言葉なのかもしれないのに、アラサー以降の女性にはやはり、お勧めしません。

いくらスタイリッシュな言い方をしても、不倫は不倫、浮気は浮気。

身体の関係がないぶん、心の浮気の方がたちが悪い時もあります。

「サテ彼と~」とか言ってないで、スキル身に着けて、稼げるようになって、離婚して、好きに恋愛してください。

あと、美魔女のサテ彼活動も、キラキラしてるようでみっともないので、おおっぴらに言わないほうがいいですよ。

「羨ましい~私も欲しい~」

とか言われながら、軽蔑と陰口が捗りまくります。

心を満たすのはサテライト彼氏ではなく自分

最後に大真面目なことを言ってすみません。

もちろん、夫や彼氏に満たされない部分もあると思います

それは事実だし、だからといって別れるほどではないのも、わかります。

それでも、どこか心の穴が開いている、寂しい、満たされない気持ちが押し寄せてくるときってありますよね

女性は一ヶ月で気持ちの変動もあるので、それは痛いほどわかります。

でも、それを満たすのがサテ彼じゃなくてもいいじゃないですか。

新しい趣味を持ってみても、仕事に打ち込んでみても、子どもとの時間を充実させても、もう一度勉強してもいい。

いやもう、きれいごと言いすぎて気持ち悪いので、ズバットいいますが、男友達でいいじゃないですか。

サテ彼とかグレーソーンに顔つっこんで自慢げにしてると、正直、イタいんですよ。

新しい造語にのって浮気自慢するくらいなら、ビジネス書よむかジム行く方が自分にとっていいはずです。

空いた心の穴は、できるだけ自分で埋める努力をしてみましょう。

もしかしてサテライト彼氏なのかも

とはいえ、人間、いい関係を築ける人とのかかわりはあってしかるべきです。

ほとんどないけど、正しい不倫や浮気もあるかもしれません。

ほとんどないけど。

もちろん男友達や、メンターなど、定期的にあってパワーをもらう関係なんていうのは巷にあふれているでしょう。

それはいいんです。

でも、それをわざわざサテライト彼氏といって自慢したり、吹聴する必要はありません。

月は、地球の衛星です。

サテライト彼氏も、夜ちょっと眺める大事な光くらいに心の中で思うくらいがちょうどいいと思います。




都合のいい女は卒業しよう!男が都合のいい女に言うセリフの意味と復縁方法