「依存されて重い」男の人にそんなことをいわれるとショックですよね。

でも、付き合ってから居心地がよくなると、執着や依存心が生まれるのは仕方がないことです。

なぜ、好きあって付き合ったはずなのに、好きな気持ちが大きくなることでフラれるのでしょうか。

今回は「依存」のバランスに関してお話します。

最初に警戒している人ほど、はまったら依存する

「この人大丈夫かな…」

最初、警戒してすぐ好きにならないようにブレーキをかけながら恋にはいって、安心した時に、依存心がぐっと増すパターンです。

バリアーを超えてきてくれた人に対しての信頼感があるから、好きでいてくれるという気持ちがあるから、相手のことをぐっと好きになってしまいます。

警戒しているのは、

●相手が変な人じゃないか
●自分の気持ちがコントロールできなくなったらつらいから

が理由なのですが、付き合って心を許しだすと、最初の気持ちを忘れがちになります。

こんなに好かれてるから、自分を出してコントロールしなくても受け入れてくれるかもしれない…
…最初のラブラブ期などは、それも「愛されてる」という確認になり、お互いを幸せにします。

が、慣れてくると正直重い。

「愛されているから大丈夫」

という慢心が、依存を肥大させます。

●カレを思い通りにコントロールしたい
●自分の思う通りに受け入れてほしい
●言わなくてもわかってほしい

という思いは、初期は「好き」だからで許されますが、付き合っていくうちにそちらが加速していくと相手の首をじわじわ絞めているようなものです。

好きあって得られるものは「依存」ではなく「信頼」と「自由」

付き合って、「依存」が重くなるのは、あなたがカレに求めすぎてしまうからです。

最初はかわいいと思ったわがままも、仕事や年齢を重ねるうちに、しんどい存在へと変わってしまいます。

それでも、惚れぬかれていたら関係は成立するかもしれません。
しかし残念ながら、大人になるにつれ、人生は恋ばかりで回るわけではありません。

関係も、恋愛から結婚して家族になることを見据えるのならばなおさらのこと。
あなたで手がいっぱいになる人生を、カレは息苦しく感じます。

付き合う中で相手を好きになるほどに縛るのではなく、信頼し、お互いに自由を持てる位に自立した関係こそが求められます。

依存体質なのがわかっていたら気を付けたい5つのこと

DSC08083
私もかつて依存体質でした。

連絡がこないと何度もスマホを確認し、送った文面を何度も読み返し、時にはフォローの追記連絡までしていました。

重いですよね。

それから抜け出すために私が実践して依存をコントロールできるようになった方法はこちらです。

①「求めない」ことを意識する



求めるものが返ってこないとき、人は大きなストレスを感じます。
それを積み重ねると自分も相手もしんどくなります。
辛いときは大体相手に「求めている」時です。
「求めない」と口に出すことからはじめてみてください。

②気持ちを言葉にして吐き出す



気持ちって、相手に伝えたいですよね。
でも依存心が膨らんでいるときは、相手がほしい以上に気持ちが大きくなっていることがあります。
詩を書いてもいいし、Twitterの裏アカウントやメモ機能に書き込んでもいいので、気持ちを語源化させ、少し一旦すっきりしてみましょう。

間違っても使っているSNSなどに書き込んで「かまって!寂しいアピール」をしないように。
相手も周りも未来の自分もドン引きします。

③気持ちを紛らわせる男友達、女友達を持つ



重くなっているのは、あなたの視野が狭くなっている証拠です。
大体、そんないい男でもないのに、「この人しかいない」と勘違いして思い込んでいます。
本当にそうでしょうか。
恋ってそういう気持ちよさがあります。


たまには彼以外の男友達としゃべったり、食事をしてみると新たな発見や依存していた気持ちも落ち着くかもしれませんよ。
(注意:絶対に寝ないこと)

そもそも、気持ちが重いなら分散させておけば重くなりません。

一途なのはいいことですが、相手が持ちきれない重い愛情を投げつけるのは愛ではなく自己満です。

④今ではなく3年後のことを考えてみる



恋は盲目です。
今大好き!大事です。

今の彼とこの先どうなっていたいですか?
いいところと悪いところを書き出してみましょう。

カレはちゃんと働いていますか?
一緒に住んだことはありますか?
暴力や支配を愛と勘違いしていませんか?

ダメな男ほど、「私がいなきゃ!」という母性本能が働いて手をかけることを愛情と勘違いして依存するたちの悪い女性がいます。
私がそうでした。

振り返ると、本当に好きな気持ちでいましたが、本当に結婚しなくてよかった。

⑤依存は0にはならないので30~50%を目指して可愛い依存を意識する



依存は0にはなりません。

いい関係を作れる依存関係を目指して意識しましょう。
例えば、人に頼れないあなたがカレを頼るのは愛情の印なのかもしれませんが、重くならない頼り方をするのもあなたがカレにかけることができる愛情の形です。

復縁を目指す場合は、一度依存を断つことは先決ですが、付き合ったり新しい恋をする上では30~50%ほどの依存度を目指し、いい関係を作るために「自立」しましょう。

「依存」をコントロールして「自立」したいい関係を

依存しすぎたあなたは、次の恋にこの教訓を活かすことができます。

きっと、この失敗は次の恋のために必要だった失恋です。

男は「頑張っている、何かに打ち込んでる女が好き」です。
そして同時に「少し頼世られたい」そのバランスが30%~50%の依存ならうまくいきます。

相手があなたを好きなほど、追う体制に入ってくれます。

あなたの次の恋がうまくいくように祈っています!


【関連記事】

元カレを見返す&ふっきるために今からできる100のこと